バンコク週報コンサルタントは、ワークパーミット、会社設立、工場用地、会計税務、賃貸オフィスなど日本企業タイ進出をお手伝いします タイ進出 現場視察ツアーへリンク

ワークパーミット、会社設立、工場用地、会計税務、賃貸オフィスなど日本企業タイ進出をお手伝いするバンコク週報コンサルタント事業部の賃貸オフィス紹介

会社ができあがったら次は『ビザ・ワークパーミット(労働許可証)』。その他、BOI(The Board of Investment、タイ投資委員会の略)認可申請、IPO(International Procurement Office、国際調達事務所)認可申請などもお任せください。経験豊富なスタッフが迅速な処理で対応いたします。

  • ビザ・ワークパーミット(労働許可証)の申請
  • BOI申請代行
  • IPO申請代行

料金につきましてはコチラ

BOIとは?

BOI(Board of Investment)とは投資奨励法に基づきタイ政府が設置した政府機関です。BOIの認可があれば外国人事業法による外資規制に関係なく事業ができます。つまり外資100%での事業も可能です。また、進出する地域・業種によってさまざまな投資恩典が与えられます。

BOIは製造業だけでなくサービス業にも適用され、、IPO(国際調達事務所)、ROH(地域統括本部)、TISO(貿易および投資支援事務所)などのカテゴリーが用意されております。

ノンイミグラントビザBと労働許可証

ビザと労働許可証(ワークパーミット)を混同されている方もいるかと思いますので簡単に説明します。

ビザは滞在のための許可です。これは、パスポートに捺されます。タイで労働許可証を申請するために、まずタイの大使館でノンイミグラントビザ・カテゴリーB(通称Bビザ)を取得する必要があります。必要な書類などは、各国のタイ大使館で異なっておりますので、事前によく確認してください。通常、Bビザは会社が出来上がった後、会社から必要な書類を用意してもらって初めて申請可能となります。

労働許可証はタイで労働するための許可証です。パスポートサイズの青い冊子です。Bビザを取得した後、必要な書類を揃えて労働省に申請します。ただし、できたばかりの会社は最初の月次決算が終わらないと申請できませんので、申請するためには1カ月近く待つ必要があります。1年有効のものを申請しても、書類不備などのためとりあえず6カ月有効のものしか発行してくれないこともあります。煩雑な作業とフォーム記載の経験が必要なため、費用はかかりますが、手慣れた代理店にお願いするのが一番早いです。

労働許可証を取得した後、次はイミグレーション(内務省移民局)に出向き、Bビザの有効期限の延長を申請します。

注意しなければならないことは、労働許可証は申請時に提出した書類に記載された会社でしか働くことができません。退職したときには、基本的に取得したBビザも労働許可証もキャンセルとなります。そして、新しい職場が見つかったら再取得をしなければなりません。



タイへの進出を全力サポート!